2012年11月28日

将軍の日本史(平安前期〜鎌倉初期)



前回の7月に「将軍の勉強法」の記事でも紹介した通り、
学校の期末テストの日本史の範囲分の資料も製作した。
今回の二学期の分は文化祭などによる多忙の為に製作でき無かったが、
今回は期末は範囲分の資料を制作する事ができたので、
公開しようと思う。

日本史の先生のプリントの方式をそのまま踏襲して、
その上に私なりのアレンジを加えただけなので、
分かりにくい部分もあるが、精一杯の工夫はしたつもりである。
時代は平安時代前期から、鎌倉時代初期まで。
これもクラスで約10人ほどに配布した。歴史の面白さを知ってもらう為である。



@日本と外国のやりとり

1.jpg

平安時代初期である。
中国大陸では幾数もの国々が興亡を繰り返した。
そこで、公卿の菅原道真が遣唐使を廃止。
この出来事をもって、日本は中華帝国の「冊封体制」から抜け出し、
独自の進化と発展を遂げていく事となる。



A摂関政治がストップし、天皇中心の政治がすすめられた。

2.jpg

藤原氏が力を持ち始め、
日本を救おうとした菅原道真が太宰府に左遷された。
その後、道真は怨霊となって日本各地で祟り神として、
または学問の神として崇拝される事となった。
天皇家が親政を進めるも、更に藤原氏の権勢は強くなっていく。


ついでに、こう言うのも作った(笑)某アイドルの左遷にかぶせている(笑)
左遷.jpg



B公的な土地が減って、私的な土地(荘園)が増えた。

3.jpg

土地制度は難しいが、この頃から日本人の土地に対する執着が、
強くなった時期だったのかもしれない。


C警備員的な役割だった武士が力を持った。
4.jpg

いよいよ、武士の台頭である。
私の直々の先祖に当たる偉人も登場するのでご期待。
先程の菅原道真とも並んで、怨霊として有名なので平将門である。
彼は関東に大和朝廷とは独立した、関東王朝を作ろうとしたが、
朝廷側に討たれ、彼の怨霊は今なお続いていると言われる。


D藤原摂関家が日本を支配。
5.jpg

悪名高き藤原摂関家の日本占領である(笑)
摂関家=摂政+関白と言う意味である。


またまた、こんな資料も作った(笑)
ピクチャ 61.png



E暴政する国司が増えて混乱した。
6.jpg
いわゆる、時代劇に出て来る偉そな、
「お代官様」の起源がここにあると言って良い。
農民から税や作物を搾取していたらしい。


F平安時代を代表する日本風の文化が花ひらいた。

7.jpg

典型的な平安文学の世界である。
源氏物語や枕草子もこの時期の作品だ。



G阿弥陀仏を唱えると救われる浄土信仰が流行った。

8.jpg

末法思想」とは世の終わり終わりの到来を信じた信仰らしいが、
西洋で言う終末思想とはまた違うらしい。
実際に1052年は1995年のノストラダムスの大予言の時のような、
パニックはあったのだろうか?
ちなみに、今年の京都サミットの際に六波羅蜜寺に立ち寄り、
平清盛像と友に、市聖こと空也の像を実際に見た。



H平安貴族の文化が確立された。
9.jpg

よく時代劇に登場する平安貴族の衣装がこの頃確立された。
私もどれか一つでいいから着てみたい(笑)



I国の土地と私有地のバランス

10.jpg

この国衙領と寄進地系荘園の図は元々のプリントでは非常に乱雑だったため、
わかりやすくピラミッド構造に変えた。
要は国衙領=国の土地で、寄進地系荘園は偉いさんの力を借りた私有地である。



J大武士団の源氏と平氏が力を持ち始めた。
11.jpg

いわゆる源氏と平氏はこの頃から盛んになり、
私はこの清和源氏の嫡流である。
源経基公、源満仲公、源頼信公も私の直系の先祖である。



K武士たちの興亡
12.jpg

特に私の先祖で最も有名なのは、ミスター源氏・八幡太郎義家こと、
源義家」公である。教科書には出て来ないが、
この義家公の曾孫の代から細川氏が始まった。


改めて将軍の系譜を貼っておこう。
将軍系譜.jpg



L天皇の父や祖父が力を持った。

13.jpg

いわゆる「院政期」の到来である。
そしてここから放送中の大河ドラマ、
「平清盛」のキャストの顔が多く使われる(笑)
特に白河院は「最強」の名にふさわしい。



M院の権力は絶大なものとなった。
14.jpg

特にこの部分の画像は全て大河ドラマからとっている(笑)
やはり、視覚的情報があったほうが脳に入りやすい。



N院の財政基盤となった荘園公領制が確立された。

15.jpg

この部分はめんどくさいので完全に手を抜いている(笑)



O武士の世への道が開かれた二つの大きな乱。
16.jpg

まるで週刊誌のドラマ相関図のよう(笑)
しかし、これもすべて将軍オリジナルである。
保元の乱の部分の藤原道長の部分は見覚えもあるだろう(笑)


この人とは血縁関係は一切ない(笑)
頼長先輩.jpg



P平家が武家として初めて政権を確立した。
17.jpg

いよいよ「平家にあらずは人にあらず」と言われた時代である。
一応、キャスト画像と同時に実際の像や肖像も貼っておいた。



Q院政期に新たな文化が生まれた。

18.jpg

白拍子=今様ダンサーで後白河院が芸能プロデューサー、
梁塵秘抄が流行歌アルバム(笑)これはわかりやすい(笑)



R様々な色鮮やかで個性的な芸術作品が生まれた。

19.jpg

やはり、このような芸術作品はカラーで実際の画像があるのが一番である。



S武士、貴族、阿弥陀信仰の文化が個性を発揮した。
20.jpg

「三仏寺投入堂」は役行者がお堂をここにそのまま投げ入れたかららしい(笑)
確かに、そう言われると役行者なら妙に納得してしまう(笑)



㉑武士が日本を支配するようになった。

21.jpg

この相関図の製作は疲れた(笑)
ドラマのホームページに使ってくれないだろうか?(笑)



㉒平氏が衰え、源氏が勢いを増した。

22.jpg

ちなみに私はツイッターでこの大河ドラマの源義経のbotをしている(笑)
アカウントはこちら(笑)→(@ushiwaka_taiga)



㉓鎌倉幕府のしくみができた。
23.jpg

鎌倉幕府と言えば「1192つくろう鎌倉幕府」だが、
近年、鎌倉幕府創設は頼朝が全国に守護地頭を置いた、
1185年ではないかと言われている。私もその説を支持したい。



㉔平氏が滅亡し、源頼朝が征夷大将軍になる。

24.jpg

つまり、「正式に鎌倉幕府できました〜」と言う宣言があったわけではなく、
いつの間にか、鎌倉に武家政権が樹立されていたと言う事である。



㉕鎌倉幕府が誕生し、そのしくみができる。
25.jpg

随分とチャラい御恩と奉公だ(笑)
この鎌倉幕府征夷大将軍の源頼朝の幼名は「鬼武者」なので、
私は頼朝公を初代、鬼将軍と認めたい(笑)
頼朝公は、足利尊氏公、徳川家康公に続く私の先輩である(笑)



㉖幕府と朝廷との関係
26.jpg

これが最後のプリントである。
鎌倉武士は漢字が好きなのか、やたら漢字だらけの組織名が出て来る(笑)
暗記が大変そうである。

合計26枚。
クラスや自分の為に作っていると言う面もあるが、
やはり趣旨は私の趣味の創作であり歴史探求である。
最高の先祖供養は先祖の歴史を知る事だと思う。
温故知新。やはり歴史を作っている時が一番面白い。



ピクチャ 62.png


 
posted by 細川大将軍 at 14:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。