2012年12月18日

将軍の勉強法2




前回の記事でも日本史の資料を大量に公開した通り、
のみんなに配る資料を製作している。
みんなにとっては苦手な日本史と世界史だが、私にとっては大得意教科である(笑)
なので1学期の期末テストから資料を作っている訳だが、
2学期の中間テストは文化祭などで製作できなかったので、
今回は日本史の資料を大量に作った訳だ。

相関図.jpg


2学期の中間は作っていないと言ったが、実はちょっとだけ作っていた(笑)
まだ、奈良時代の話である。



日本史(2学期中間)


平城京と律令制度
中間範囲資料1.jpg


平城京の繁栄
中間範囲資料2.jpg


南北に広がる支配地
中間範囲資料3.jpg


律令支配のしくみ

中間範囲資料4.jpg

そして、この難しい土地制度の計算でリタイアした(笑)



武士の台頭.jpg


今回は日本史は皆に渡す分を作れたが、
全く暇な訳ではなかったので世界史は作れなかった。
しかし、私自身も資料がなければわからない(笑)
なので、世界史のテスト前日に気合いで5枚の資料を完成させた(笑)


世界史


内陸アジア高原の国々
1 内陸アジア高原の国々.jpg


唐の興亡と東アジア世界
2 唐の興亡と東アジア世界.jpg


イスラーム世界地図
3 イスラーム世界地図.jpg


東西ローマ分裂
4 東西ローマ分裂.jpg


東西ヨーロッパ世界

5 東西ヨーロッパ世界.jpg


この様に今回の世界史は地図を中心に資料を作った。
資料を作る事で、嫌でも頭に入るので最高の学習法と言えよう。
特にイスラームについては王国や王朝がクソややこしい(笑)
しかし、地図を作れば自然に全て暗記できるものだ。


そして案の定、テストにはほぼ範囲全域の地図が出来てた(笑)
NEC_7800.JPG


一応、全て答える事ができた。
百点防止問題を除いては全て答えれた。
テスト返却前に世界史の先生に聞くと、
百点防止問題以外は全部解けてたよ〜」と言っていた。
その百点防止問題とは何か?


問2 下線部Bについて、中間部を相続した人物は誰か。ルイ1世(ルートヴィヒ)の長男である。
NEC_7804.JPG

誰それ??(笑)
と答えたくなるがそれが百点防止問題である。


先程の資料でも作った、9世紀ヨーロッパのヴェルダン条約以降の国で、
西フランク王国と東フランク王国に挟まれた中間部の国名、
もしくはその国を相続して治めた人物は誰かと言う問題である。
ロタール領.jpg

私の資料にはもちろん授業では書いていないので、載せていない。


ルイ1世の息子と言う事はルイ2世か?と思いそのまま書いた(笑)
NEC_7802.JPG

もちろん間違いだったが、
答案を見てみると、


ロタール(ロタール1世、ロタール領)だった。
NEC_7803.JPG

こんな難しい問題を出すのはいつもの事だし慣れていたが、
百点防止の1点ぐらいは仕方ないと思っていた。


しかし、確かに資料集には載っていた(笑)
NEC_7808.JPG


ロタール1世もこんなに小さく(笑)
NEC_7809.JPG

ここまではいつも通りのパターンだなぁと思ったが、
問題はこの百点防止問題の配点である。


テストが帰って来るとなんと1問しか間違っていないのに、
この点数だった。
NEC_7801.JPG

見て見ると先程のロタールの百点防止問題の配点が3点だった(笑)
それで、100点満点から1問間違えて3点引かれて97点と言う訳だ。

これはセコすぎる(笑)
やはり、うちの担当の世界史の先生ではないが、
テストを作ってる先生がなかなかのクセ者なのでこれなのだが、
これはあまりにもいつもに増して手段が姑息すぎる(笑)
そこまで私の様な者を警戒しなくて良いのに(笑)
まあ、こう言うのを楽しむのも世界のミソである。


そして、本題の勉強法について語ろう。
以前と同じで対して内容は変わっていないが、改めて紹介しておこう。


まず、教科書の範囲の内容の全文をパソコンに打ち込む。NEC_7715.JPG


重要箇所は空白にして番号をつける。
NEC_7714.JPG


そして、解答用紙も作る。
NEC_7717.JPG


問題を解きながらひたすら書く!書く!!(笑)
NEC_7718.JPG

ああ、何とも簡単な勉強法であろうか(笑)
それは冗談だが、私は完全に独自の勉強法で誰にも真似できない事をする。
これがモットーであり、役割だと思っている。
と言うよりも、やはり歴史勉強してるときが最高に楽しい(笑)


上記の教科書を写したのと、この資料を含めて先生に提出した。
NEC_7716.JPG




日本史


日本史の勉強法も世界史とほぼ同じなので、ここでの紹介は省略する。
しかし、今回の日本史の範囲は平安時代初期から鎌倉時代初期。
300年以上の歴史を1回のテストでやると言うとんでもない広範囲だった。
うちのクラスはまだマシだったが、欠点者が続出したと言う。
私にとって歴史が90点以下だとそれは欠点を意味する(笑)


だがこの点数(笑)ある意味、欠点は免れた。
NEC_7805.JPG

しかし、今回のはかなり好きで得意な時代だったが、
問題はバケモノのように難しかった(笑)
日本史に関してはまだまだ私の詰めが甘かったと言えよう。
だが、大河ドラマのお陰で今回の時代はほぼ全て理解はしていた。
次回のテストはあまり知らない、鎌倉時代から南北朝にかけてだが、
テストを通じて改めて学習してみようと思う。


何かと、お世話になった大河ドラマ『平清盛』。
平清盛第三部.jpg


今回のテストは日本史も世界史もいずれにしよ、
クラスでは1位で、学年では2位ぐらいだった。


自分の成績では一番、点数が良かったのは以外にも英文法だった(笑)
NEC_7806.JPG

高1の時は欠点スレスレなほど苦手教科だったが、
文法は理解するのではなく、問題を丸暗記すればとれる事に気づき、
今では英文法に関してはほとんど理解する事なく、
問題だけ暗記してそのパターンで解いている(笑)
そもそも私は暗記が得意らしい。

しかし、これも99で100点に及ばず。
どうも私は百点に恵まれないらしい(笑)
山頂をめざすなと言う理論には当てはまるが、
次回のテストでは、どの教科か定めてはいないが、
100点を採りたいと思う(笑)



これも一応、日本史の資料と言うことにしておく(笑)
平清盛と征夷大将軍・源頼朝先輩(笑)
ピクチャ 9.png



 
posted by 細川大将軍 at 16:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。