2009年09月13日

フォトンベルトと人類滅亡の真実

imgad68921azik1zj.png

人類は、2012年に滅亡すると世間では言われている。
フォトンベルト」と呼ばれる、帯状の光子に地球は包まれ、人類どころか、地球や太陽系まで飲み込まれるものだという。
結論から、言おう。
「フォトンベルトなど存在しない」
別に、太陽系や宇宙が消滅する訳ではない。

しかし、これだけは言える。
このままでは、人類は滅亡するだろう。
実際、2012年は破壊だけではなく、創造の始めでもある。
確実に、何かが変わるだろう。
我々は、3次元から5次元へ2012年12月22日を境に、アセンションするのだ。

アセンションとは、「キリストの昇天」を意味する。

しかし、アセンションできる者は限られる。
「人間」をやめなければあなたは、アセンションできないだろう。

「人間」とは動物と『霊止』(ひと)の間と言う、実に中途半端な命名である。
今こそ「霊止」にならなければならない。
人間とは、肉体にとらわれた、動物的な存在と言えよう。


そのアセンションへのキーポイントは「仙骨」にある。
そのこと似ついては、後々語る事にしよう。





私は、神の岩戸が開かれた後、発生した「クリスタルチルドレン」(新人類)である。
posted by 細川大将軍 at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 2012年アセンション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。